終末期の選択

終末期をどのように過ごすかについては、患者さんにとっても、ご家族にとってもとても大切な選択です。
最近では、在宅看護や訪問診療もかなり増えて来ていますから、
多くの方が安心して在宅で終末期を迎える事ができるような環境になっています。

 

しかし、実際に在宅で終末期を迎えるとなると、もし何かあった時の為に、24時間頼れる医療機関を見つける必要がありますし、
すぐに対応できる体制を作っておく必要があります。
誰かしらが、患者さんの事を看ている必要がありますから、家族にも大きな負担がかかります。

 

ガンの末期の方というのは、その痛みや不安は想像を絶する物です。
日常生活を送る事ができるように、安やかに痛みや苦しみから解放する為には、専門的な処置が必要です。
その為、ガンの末期の方が一般病棟に入院していても適切なケアを受ける事はまず難しいですね。
安楽に終末期を迎える為には、専門性の高い、緩和ケア病棟に入院してケアを受ける事が望まれます。

 

終末期の患者さんはその痛みや苦しみや恐怖と常に闘っている状態です。
その患者さんを支えているご家族も、闘病生活を支えていく為には、精神的にも肉体的にもかなり辛いものがあります。

 

患者さんの多くは、終末期を自宅で迎えたいと希望しています。
その希望を叶えてあげる為には、対応できるような医療機関が必要ですよね。
安心して在宅看護ができる体制が、かなり進んできてはいますが、まだまだ問題点はあります。
そして、何よりも家族の協力が一番大切です。
今後、在宅看護を希望する方が、さらに増えてくる事が予想されます。
安楽な終末期を過ごして頂く為にも、終末期医療について、今後もっと充実していく事が期待されます。